ゆめの木のある日常

日常の事etc綴ります… 毎日更新頑張ります( ͡° ͜ʖ ͡°)

近づく虹 小学校の思ひで

どもっ!ゆめの木です( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

段々と朝の冷え込みがなくなってきて、 そろそろストーブも片付けようかなと思うこの頃…

またまた小学校の頃の思い出の話を(╹◡╹)

確か5月終わり、梅雨前の朝の集団登校前の時のこと。

集団登校の集合時間は7時半頃集まりだったのですが、7時前に、ふと外に出てみたら遠くに綺麗な虹が🌈

少し朝露明けだったのでキラキラと…とても綺麗でした( ̄∀ ̄)

そして子供心に、ふと…

虹をもっと近くで見てみたい

集合時間まで時間もあるし…よし行こう!!

そうと決まれば、テクテクと走りながら〜虹のある方へ進む。

進む…

進む…

家から500mくらい離れたかな?

でも心なしか虹に近づいた気がする…

もう少し進むと線路まで来ちゃうな。

 

ここで家に戻るべきか…

進むべきか…

 ええ〜い!!進んじゃえ!!

f:id:yumenoki2017:20170502191354j:image

すると…

線路の先に虹の終わりが(°▽°)

その終わりに近づくべく、途中から線路の上を歩く…

誰かに見つかったら絶対怒られていたのでしょうが、その時は無我夢中。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

まるで記憶を無くした酔っ払いの如く、歩く歩く…

どんどん虹に近づいてきた!

虹に触れるか、くらいまで近づいた時…

虹が消えてしまいました…

 

という記憶がハッキリと残っています。

実際は虹に近づくことなんて出来ないのに(´・_・`)

でも鮮明にあの時の景色が今でも脳裏に残っている…

実際は夢だったのか…

もしくは、幻想的な虹の姿が強烈な記憶となり、誤認識の記憶として残っているのか…

でも、そんな事はどうでもよくて、思い出として残っている事が、

自分にとって素敵な事だと思えるわけです( ͡° ͜ʖ ͡°)

自分にとっては、紛れもない事実として残っているのです。

子供って不思議…無限の可能性を秘めている。

躾だ!教育だと、知らず知らずに子供の可能性を押さえつけていないか…

もっと自由にもっと自由にと、自問自答する今日この頃(´・_・`)

 

ではまた( ͡° ͜ʖ ͡°)